買い物弱者と言われる高齢者の方へ日常の「お出かけ」を提供します。

はじめに

  • HOME »
  • はじめに

はじめに

少子高齢化社会を迎えた今、2035年には高齢者の割合は1/3となり、人口は2045年に1億人を割れ込むと言われ、都市構造は都市部への集中と同時に地域地方都市の衰退が予想されています。寂れた商店街

少子高齢化社会では、年金問題や医療問題など様々な問題が生じていますが、この事業が取り上げる買い物弱者問題もその一つです。
現在、買い物弱者の数は全国で700万人(2015 経済産業省データ)と言われ、原因は少子高齢化以外に郊外への大型店舗の出店や市町村合併による行政のスリム化、そして過疎化や店主高齢化による商店の閉鎖や撤退など複数考えられます。買い物弱者問題は「健康」「経済」「孤独」のいわゆる高齢者の3K問題と密接につながり、人間が人間らしく暮らすという基本的人権が脅かされ生命の危機につながる深刻な問題です。

本事業では、買い物弱者と言われる高齢者に日常の「足」を提供し、通院や買い物への不便を解消するとともに、趣味や娯楽のための外出手段も併せて提供します。また、お出かけ先である商店や施設等とも協力することで、魅力ある地域を創生し活性化を図ります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0561-76-7072 受付時間 9:00 - 17:00〈土・日・祝日除く〉

PAGETOP
Copyright © ShareChauffeur All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.