ShareChauffeur/シェアショーファー 自動運転との親和性

 

ここでは、本事業モデルと自動運転との親和性について言及する。

オリンピック開催の2020年、安倍首相は自動運転の実現を宣言された。バスやタクシーの自動運転化と高速道路上でのトラックの物流の自動運転化を想定されている。

ここでは、物流のトラックを除き、バスやタクシーについて検討する。

2020年 あらゆるバスやタクシーの自動運転化が実現する訳ではないだろう。自動運転の実施にあっては、いくつかの条件にかなったものとなるに違いない。

その条件について、以下の様に推察してみる。

1. 事業者による運行。タクシーやバス事業者が運行管理を行う事で実施が可能。2020年ではまだ、個人が利用する事はできない。
2. 区域運行。運行範囲は限定される。行政区域に即したものとなる。
3. バスのように走行する路線と昇降場所が事前に決められている。

自動運転を実施したい事業者は、各自治体に運行経路や乗降場所を含む運行管理書を提出し、その後運輸局の許可の下、運行が実施される。

定時定路線であるバスは、そのまま自動運転化が普及していくであろうが、タクシーは現在のように、自由に運送することができず、事前に届け出た路線乗降場所で旅客を運送する点を考慮すれば、デマンドタクシーに近い存在ではないかと思う。

以上のような仮定を踏まえて、バス・タクシー・及び本事業シェアショーファーについてそれぞれ考察する。

初めにバスについて検討する。結論から言えば、あらゆるバス(基幹バス、コミュニティバス)が、自動運転バスに置き換わっていくだろう。運転手の費用を計上しなくてよくなれば、原価面でのメリットは非常に大きい。コミュニティバスが利益を確保することができれば、自治体の補助が必要なくなると同時に、バスの運行が、自治体から事業者へ戻ることになるだろう。基幹バスも同様に利益率がはるかに向上する。こうなれば、バスの本数や路線が増加し、利用者とっても歓迎すべき状況が訪れる。
最も初めに自動運転の恩恵を受けるのがバス事業者である。送迎バスや買い物バスなども、事業者が運営する事で、直ちに自動化されるであろう。

次にタクシーについて検討する。先に述べたように、自由にどこへでも移動できるタクシーが実現するには、もう少し時間がかかる。2020年にはデマンドタクシーのような運行になるであろう。この状況では、これまでのタクシーと自動運転タクシーとが共存することになる。そのため、利用者が直ちに自動運転化によるタクシー料金面での恩恵を受けることはないのではないだろうか。(既存のタクシー料金との調整が行われるため)

Uberのようなライドシェアリング事業者が参入した場合、自動運転車両のメリットを生かして、低額な料金設定が可能であるが、それを認めた場合、タクシー事業者への影響は非常に大きいので、結果タクシー事業者が提供する料金と横並びになるのではなかろうか。

結局、自動運転タクシーが既存の運転手付きタクシーの競合となるとの考え方がある限り、自動運転タクシーの利用者へのアピールは小さいものとなる。また、前述したように、バス事業者が自動運転バスのメリットを最大限生かして、そのサービスの拡充を図れば、それはタクシー事業者へも影響がおよぶ。(自動運転バスとデマンドタクシーとの垣根は非常に小さい)

ここで一つ強調しておきたいが、運転手によるタクシーと自動運転タクシーとは全く違うものだと思う。この点については改めて、べつに検討してみたい。

最後に本事業シェアショーファーについて検討する。シャエショーファーの運行形態が区域運行であり、利用者の居住地と各種施設等(スーパー、病院、その他)を結ぶものであるから、形状はデマンドタクシーと同様である。その為、バスと同様に自動運転車両とは非常に相性が良い。現在のシャアショーファーが平日日中の運行を計画しているが、字度運転車両が導入されれば、24時間365日の運行が可能になる。もちろん、料金面でも運転手の費用が抑えられれば、低額な利用が可能となる。利用状況・料金どちらの面でも非常にメリットが見込まれる。
自動運転車両が導入されれば、免許を持たない高齢者の利用だけではなく、高齢者全般、及び2台目自家用車を利用している主婦への普及も直ちに見込むことができる。

さらに、シェアショーファーにはもう一つ、注目すべき点がある。それは、車両の利用方法による。例えばある地域で、50人で1台の車両を利用しているグループが4つあれば、それらを統合して200人で4台の車両を利用していく事ができる。この形態こそが、自動運転化車両が普及した際の新しいモデルに近いのではないかと思う。そして、このこれまでにない新しい利用モデルが、2020年の自動運転車両の実施と同時に実現する。
自画自賛の面もあるが、タクシーやバスと比較しても、このシェアショーファーのモデルは、2020年以降の自動運転化の際に、単に料金だけでなく、新しい交通モデルのひな型になると思われる。